【自然派・美肌生活】40代敏感肌✦コスメにTRY

敏感肌の私がスキンケアやコスメなどを体験レビューするブログ

美肌菌って何?皮膚常在菌を育てるスキンケアとは

美肌菌

こんにちは *sunnyです。

お肌の表面には常に何種類かの皮膚常在菌がいるって知っていますか。
その中でもお肌を潤す力を持っていると言われているのが、美肌菌。
TV番組でも特集が組まれたことがある美肌菌の正体とは、どんなものなのでしょうか?

本日は美肌菌についてまとめてみました。

肌を潤す美肌菌の正体とは?

TV番組「ためしてガッテン」や「あさイチ」でも特集が組まれたことがある美肌菌の正体は「表皮ブドウ球菌」のことなんです。

この「表皮ブドウ球菌(美肌菌)」は、人の皮膚の表面に存在する菌の一種で、汗や古い角質など肌から出る老廃物や汚れを食べ、グリセリン脂肪酸を作りだします。

グリセリンとは、肌の水分をしっかりと守ってくれる成分です。
肌の潤いを閉じ込め、バリアを張るように外敵から保護してくれる役割があります。

脂肪酸とは、肌を弱酸性に保つ働きがあり、どちらも敏感肌の救世主成分ですね。

「表皮ブドウ球菌(美肌菌)」と同じように顔の表面に皮膚常在菌として生存する「黄色ブドウ球菌(悪玉菌)」は皮膚の感染症を起こす化膿菌でもあるので注意が必要です。

さらに「表皮ブドウ球菌(美肌菌)」は抗菌ペプチドを作り、悪玉菌の増加を防ぐ役割もあるのです。この抗菌ペプチドの増加により、炎症を抑え肌荒れを防いでくれるのです。

ブドウ球菌」の特徴

以前はブドウ球菌属の細菌は35種類に分類されていたんですが、現在は「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「腐性ブドウ球菌」の3つに分かれているんです。

「表皮ブドウ球菌(美肌菌)」

  • 鼻腔や表皮に多く常在している菌
  • 病原体から肌を守りバリアを張る
  • 健康的な肌を保つ

黄色ブドウ球菌(悪玉菌)」

  • 食中毒
  • 化膿
  • 肌荒れ
  • 悪臭(足の裏)

悪玉菌が増えることで、体調不良に結びつきそうですよね(´;ω;`)ウゥゥ

「腐性ブドウ球菌

  • 泌尿器周辺の皮膚に多く常在している菌
  • 尿路感染症を引き起こしやすい。

美肌菌はどれくらい存在するの?

顔の皮膚には生まれつき1㎠の約100万個もの美肌菌がいるんです。
凄い数ですよね。美肌菌は皮膚常在菌の一種でもあり、他の常在菌とのバランスによりお肌が肌荒れになることも。
この美肌菌をしっかりと育ててあげることで、肌が健康に保つことができるんです。

美肌菌を育てる方法とは

美肌菌を育てることは、しっとりとした艶やかな肌に導いてくれたり、肌荒れや吹き出物の予防に大変役に立ちます。

ではどの様に整えると良いのでしょうか?

①日常生活を見直して美肌菌を育てる

まずは、日常生活を見直すことです。
肌には常に皮膚常在菌が7から10種類くらいいるのですが、免疫力が下がるような生活をしていると、お肌の調子が悪くなりますよね。それこそが美肌菌が減少している証拠です。

美肌菌と悪玉菌のバランスが悪くなると化膿菌と呼ばれる悪玉菌の力が強なってしまうのです。ニキビの元と呼ばれるアクネ菌もその悪玉菌の1つであり、炎症を起こしながら増殖してしまうんですね。

美肌菌を育てるには肌にストレスを掛けないことを心がけましょう。

  • ストレス
  • 暴飲暴食
  • 睡眠不足
  • 悩み事
  • 疲労など

睡眠や食事面など、生活習慣を見つめることも大事になってきます。

洗顔は1日1回にして美肌菌を育てる

そして、もう1つ重要なのが洗顔です。

美肌菌を洗い流さないこと!が重要になります。
美肌菌は肌にいる皮膚常在菌ですので、洗顔1日に何度も行ったりクレンジングの使い過ぎると、美肌菌が減ってしまう原因になってしまいます。

美肌菌と悪玉菌のバランスが変わってしまいます。

この皮膚常在菌のバランスが崩れることで、水分を肌に閉じ込めることができなくなり、乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎といった肌トラブルを起こす原因に繋がります。
余分な皮脂を排除し、悪玉菌を増やさないようにしましょう。

■おススメの石鹸

③汗をかいて美肌菌を育てる

軽いウォーキングなどで汗をかくことにより、新陳代謝が上がり身体全身がポカポカと血行がよくなります。この血の巡りは美肌菌にとっても良い影響を与えます。
汗の成分には表皮ブドウ球菌である美肌菌を増やしグリセリンを作り肌をバリアしてくれます。
このことにより肌の表面を潤わせ艶やかな肌に導いてくれます。

④肌断食をして美肌菌を育てる

また、肌を休めると言う考え方から、肌断食をする人がいるようです。

肌断食とはスキンケアをしないと言う考え方です。
過剰にスキンケアをしすぎる傾向にある人が、洗顔やスキンケアをやめ自分の力で美肌菌を育てる方法が掲載された本が販売されていましたので口コミと一緒にお伝えします。

肌断食 スキンケア、やめました/平野 卿子

この数年はシャンプーやボディソープ、スキンケア、化粧品も合わなくなり毎日いろいろと試しては疲れはてていました。やけになり、何もつけなければ悩むことないと思い立ち、肌断食をはじめるにあたり、こちらを参考にしようと読んでみました。体験をして症状など細かく書いてあったので、わかりやすく、私も自信が持てました。

口コミ:楽天ブック より

肌美人は絶対「夜だけ美容断食」 夜は化粧品で毛穴にフタをしない!/宮本洋子

夜10時までにお湯と純石鹸で汚れを落とし、クリームなどスキンケア化粧品を何もつけずに寝る。老廃物がたくさん出ているので朝はしっかり石鹸洗顔、スキンケアもメイクも普通に。ケアしすぎで排出力や修復力が弱った肥満肌を解消する。

口コミ:楽天ブックより

化粧水やめたら美肌菌がふえた!/出来尾格

⑥皮膚常在菌のバランスを整える

美肌菌は皮膚常在菌の中の一つです。
この皮膚常在菌に潤いを与える高濃度美容液を使用し、土台からしっかりと整えていくと、エイジングケア成分がお肌に浸透させ、ハリのあるお肌に導いてくれます。

皮膚常在菌サポートのスキンケアをすることで強く健康的な肌作りを目指せます。

おすすめ美肌菌スキンケア商品

美肌菌を使った商品をご紹介します。

■LANCOM 【ジェニフィックアドバンスN】

LANCOM 「新ジェニフィック」として発売されました。

 ランコム LANCOME ジェニフィックアドバンストN 100mL

肌のバリア機能を強化し、自らの自己回復力を促してくれる美容液です。

LANCOMでは表参道ヒルズにて美肌菌サロンという展示会が行われました。
美肌菌に着手して作られた「ジェニフィック アドバンスN」美容液がさらに進化して発売されました。
LANCOMの店頭カウンターでは現在超音波ブースターというマッサージ機を使用しお肌ケアが体験できますので、お肌を整えに行ってみて下さいね。

■鈴木ハーブ研究所 【乳酸菌ローション】

乳酸菌を使った新しいうるおい術!やっぱりすごい乳酸菌ローション です。

鈴木ハーブさんの商品はパイナップルローションが有名なのですが、今回は乳酸菌ローションをおすすめします。

乳酸菌と聞くと腸を整えてくれると考えがちですが、乳酸菌もお肌に存在する皮膚常在菌なんです。

培養液を使わずに乳酸菌がしっかりと入っているため、お肌の美肌菌を育菌してくれる優れモノなんです。

4000億個という乳酸菌の力でお肌がぷるんぷるんに。
新しい発想の潤い術を体験してみて下さいね。

➡ 乳酸菌ローション の公式サイトはこちら 

■ビオサプ【アドバンスエッセンス】 

≪美肌菌≫に着目したスキンケア“ビオサプ” は、美肌菌が好むバイオコリアと美容成分がぎっしり詰まったアドバンスエッセンス。

肌の土台をしっかりと整えることに着手した、年齢を重ねた女性にツヤを与えるためのスキンケア商品です。

コチラの動画も公式ホームページでご紹介していました。

魅力がたっぷり動画は公式サイトの動画です。


【ビオサプ アドバンスエッセンス】濃厚な潤いを補給ローション状美容液

出典:https://youtu.be/VuzflxMh9Rs 

➡ アドバンスエッセンス の公式サイトはこちら

■こころからだあんしんラボ株式会社 【ママ&ベビークリーム】

コチラの会社名「こころからだあんしんラボ株式会社」と言います。
商品にこだわりがなければ会社名にこんなにもストレートに社名をつけない気がします。

そんな会社がお勧めしている商品が【ママ&ベビークリーム】です。

40代の女性の中には子育て中のお母さんも、まだまだ沢山いらっしゃいますよね
お子様の肌荒れには「つらそう」「代わってあげたい」と、心苦しくなるのではないでしょうか。

【ママ&ベビークリーム】は皮膚常在菌のバランスを整えて、美肌菌を育てる スキンケアクリームです。肌フローラが乱れることで肌ダメージが発生しますので、肌の善玉菌を増やしダメージに負けない健やか肌を目指しましょう。

肌フローラとは何?

肌フローラとは肌に住み着く菌の生態系のこと。
生態系がみだれると、皮膚常在菌のバランスが崩れダメージ肌になりやすいのです。

ここラボ ママ&ベビーケアクリーム の公式サイトはこちら

※この商品は公式サイトだけで販売されているものです。他からの購入には注意してください。

■株式会社アエナ エクオールビューティーフローラ ドリンク

乳酸菌が入っています。
美肌菌を増やすためにドリンクとして体の中からケアする商品です。

クオールとは

クオールとは大豆イソフラボン由来成分のことです。
40代には女性ホルモンのエストロゲンが減少していきますが、その女性ホルモンと似た働きをしてくれるのがエクオールです。

●美肌作りにうれしい成分
ビタミンC、ビタミンB群、カリウム葉酸など

●エクオールの種類
・エクオールビューティーフローラ パッションフルーツ
・エクオールビューティーフローラ アエナプレミア4種のベリー
・エクオールビューティーフローラ アエナプレミア

楽天市場より

美肌菌まとめ

今回は美肌菌についてまとめてみました。

どんな人でも皮膚常在菌が存在し、美肌菌や悪玉菌が存在しているんですよね。
それらのバランスが崩れると乾燥したり、肌荒れが起きたりと肌への影響が強まってしまいます。

自ら持つ美肌菌を整えたり、育菌することによって肌に潤いを与え艶やかな肌を目指しましょう。

プライバシーポリシー・お問い合わせ