【自然派・美肌生活】40代敏感肌✦コスメにTRY

敏感肌の私が気になるスキンケアの紹介や体験レビューするブログ

40代女性の髪の悩み|優しい髪の洗い方

 40代女性の髪の悩み

こんにちは *sunnyです。

新年気持ち新たに「美容室に行きたい!」って思っても、なかなかコロナ禍で行けない人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、せめて傷んだパサパサの髪だけでも、キレイに整えたいですよね。

本日は、優しい髪の洗い方をご紹介しまし

髪の構造を知って、40代女性の髪の悩みを解消しましょう。

 -index-

 40代女性の髪の悩み

  • 「ぱさつきがある」
  • 「細くて切れやすい」
  • 「うねりが気になる」
  • 「抜け毛が多い」
  • 「ツヤがない」
  • 「白髪」
  • 「薄毛」

40代女性のみなさんは、いまどんな髪の悩みを抱えていますか。 年齢を重ねると身体が劣るように、40代更年期が始まる頃の髪って徐々に細く痩せてしまいがちなんです。

しかし、その原因がお手入れ方法だとしたなら、改善の余地あり!
髪の構造を知り見直すことで、綺麗なツヤ髪を取り戻しましょう。

髪の構造

〇メデュラ

  • メデュラは中心の部分に存在
  • やわらかいタンパク質

〇コルテックス

  • 髪の85~90%を占める
  • 髪色を決める部分(メラニン色素を含む)
  • タンパク質・脂質・水分量により、髪の柔軟性や太さに影響を与える

〇キューティクル

  • うろこ状に重なっている(4~10枚)
  • 髪の内部組織を守る働き
  • 濡れていると柔らかくなるため、はがれやすい

傷んだ髪は空洞化している?パサパサ髪の原因とは?

キューティクルという言葉には聞き覚えがある人が多いと思いますが、「髪が空洞化」と言われても、どういう意味?となりますよね。

髪の外側をコーティングしている役目はキューティクルです。

しかし、髪にトラブルが起きると、コーティングしているキューティクルが剥がれ髪がパサパサになってしまうんですが、実はこのとき、髪の内側にも異変が起きているんです。

最近では内側にも原因があることが判明!

髪をコーティングしているキューティクルが剥がれたことにより、その隙間から髪の中心にある「メデュラ」とその周りを覆っている「コルテックス」が外へと流出することにより、髪の内側の芯の部分にポカンと空洞ができてしまうんです。

空洞ができると、コシのない弱い髪の毛になってしまい、切れ毛や枝毛の原因になりやすいので注意が必要です。

キューティクルが壊れるのは、どんな時?

髪を洗った後、タオルでゴシゴシと拭きとったり、ブラシでを使いながらドライヤーをかけていませんか?
毎日のお手入れによる摩擦によって、髪にストレスを与えているんです。

髪は優しく扱わないとキューティクルが壊れてしまいますので、注意しましょう。

優しい髪の洗い方

40代女性の髪の悩み・優しい髪の洗い方

①ブラッシング

まずは、軽くブラッシングをし、ほつれや絡まりをなくし、髪と頭皮を十分にお湯で濡らします。

水分を付けた髪は、柔らかく弱くなるため、ダメージ髪になりやすいです。
髪がほぐれにくい時は、ブラシにもこだわってみましょう。

②シャンプー

指の平を使って、地肌で泡を立てながら頭皮をマッサージするように洗います。

泡が多いメリットとしては、シャンプー中の髪の摩擦を緩和する役割があるんです。
ゴシゴシ洗いをするのではなく、泡で包み込むように揉み込む感じで洗ってみて下さいね。

ゴシゴシ洗いをしないコツは「予洗い」

ハードな整髪料を付けている時って、なかなか洗い流しても落ちにくい状態です。
油分が多い整髪料を使用している時は「予洗い」を念入りに行ってから、シャンプーをしましょう。

泡が立たないシャンプーの使用

最近では、「KAMIKA」や【ミムラ シックスマジッククリーム】 のように、泡立てない次世代クリームシャンプーも販売されています。

泡が立たないシャンプーの良さは、頭皮の汚れを「メイクをクレンジングで落とす」ようなイメージです。クリーミーなシャンプーは髪を洗っている時から滑らか感があるので、シャンプー時の摩擦を軽減してくれます。

③タオルドライ

シャンプー後に何気に拭いているこのタオルドライも重要。

タオルで擦りすぎると、摩擦が起きやすいため、髪の表面を覆っているキューティクルを剥がしてしまいます。

髪は濡れている時が弱いです。このゴシゴシと髪を拭く状態も、髪を空洞化させることに繋がりますので注意が必要です。

また、ドライヤーの工程に行く前に、髪が長い人や量が多い人は、水分をしっかり取り除くことで熱によるダメージが軽減できますので、吸収力の良いタオルを使ってみましょう。

④ドライヤー

髪を乾かす時って、髪全体をドライヤーで乾かしませんか?

まずは地肌をしっかり乾かしてから、髪全体を乾かすんですって。

濡れている時のドライヤーの注意は、引っ張りすぎないこと!
荒いクシや手を使って、軽く整えてくださいね。

 

地肌から近い場所の髪の毛は生え始めたばかりの髪。
傷みが少ないため、空洞化していません。
そのため、早めに乾かしてあげることが大切なんです。

毛先から乾かしていた人は、まず地肌から整えてあげましょう。

⑤スタイリング・セット

しっかり髪が乾いた後で、スタイリング・セットをしましょう。
整髪料によって用途がありますので、使い方を確認してみて下さいね。

  • ドライヤー前:ドライヤーの熱から髪を守るため、保湿効果として使用
  • ドライヤー後:スタイリング剤として使用

まとめ

如何でしたか。
髪は幾つになってもキレイのまま保っていきたいですよね。

40代女性の髪の悩みって、なかなか相談できないで抱えている人が多いようです。
もし、お手入れが間違っていて、トラブル髪になっているならば、キレイな髪を取り戻すチャンスです。

そのためにも、キューティクルを壊さないよう、心がけましょう。

また、更年期を迎える40代からの女性は、女性ホルモンが減少しやすいときです。

髪のお手入れにも、慎重に行いましょう。

 

40cosme-try.hatenablog.jp

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ