【自然派・美肌生活】40代敏感肌✦コスメにTRY

敏感肌の私がスキンケアやコスメなどを体験レビューするブログ

梅雨到来|かゆい指輪かぶれってどうしたらいいの?

f:id:sunny-time:20200617041451j:plain

こんにちは*sunnyです。

大切な人から貰った指輪って、常に肌身離さず身につけていたいですよね。

しかし、突然、指輪かぶれが起こった時、躊躇して外さないでいることありませんか?

そのままにしていると、菌の感染に繋がるかもしれません。

本日は指輪のかぶれとその原因と対処法について考えてみます。

-index- 

かゆい指輪かぶれ。皮がむけるその原因とは

  • 金属アレルギーによるもの
  • 主婦湿疹、手湿疹によるもの
  • 真菌の感染によるもの
  • 接触接触皮膚炎によるもの

等が、考えられます。
その痒みを、解決せずに放置してしまうと、痒みのサイクルにハマりやすいので注意しましょう。

痒くて掻けば、患部は悪化してしまう。悪化した患部は更にかゆみを増してしまうため、なかなか治りが悪くなってしまいます。

金属アレルギーによる指輪かぶれ

もともと何らかのアレルギーや肌荒れを起こしやすい。
そんな人が、ある日突然、貴金属に反応してしまうと言うことがあります。
貴金属アレルギーの症状には

  • かゆみ
  • 水ぶくれ
  • 赤み

などがあります。

金属アレルギーを発症してしまう人の中には、

  • 金属に触れて起こることが原因。
  • 食べ物に含まれる少量の金属が原因。
  • 歯の治療の詰め物、被せ物が原因。

で、アレルギーを起こすこともあります。

主婦湿疹、手湿疹による指輪かぶれ

  • 食事の支度
  • 洗濯
  • お風呂場のそうじ
  • 部屋の掃除

など、家事をする主婦や女性にとって水に触れる機会はとても多く存在しますよね。

その他にもシャンプーや石鹸で荒れてしまう人もいます。

洗剤は、界面活性剤が含んでいることが多く、指と指輪の間に入って洗い流さないでいると、そこから炎症を起こす原因になります。

ゴム手袋を使用するなどの対策をするようにしましょう。

汗による指輪かぶれ

夏の暑い日など、 指輪を長い間つけていると、指の間にも汗をかきます。手を洗う時は、指輪を付けたまま洗うことは避け、指も指輪も綺麗に洗い、清潔に保ちましょう。

季節による指輪かぶれ

冬場の乾燥している時期だけにハンドクリームを塗ってケアをする人も多いと思いますが、実は6月の梅雨時期にも指のかぶれって起こりやすいんです。

人によっては春先から夏にかけてずっと症状がでる人もいます・

この原因は「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」です。
略して汗疱とも言われています。

大量に汗をかく暑いころに起こりやすい症状です。
沢山の汗をかくと汗腺が詰まってしまい、汗を出すことが出来ずに炎症を起こしたり、時には小さなポツポツした水疱がでやすいです。

かゆい指輪かぶれ。対策方法

f:id:sunny-time:20200617041917j:plain

サイズが合わない

気に入った指輪は長く身につけていたいですよね。しかし、サイズが合わない小さな指輪をはめていると、指が圧迫されたり擦れたりして、炎症を起こす場合があります。

更年期を過ぎると、指のサイズも変わっている人が多いです。

アクセサリーを売っているお店にはサイズを測るリングが用意されているので、購入前に測ってみることも大切です。

自分のサイズに合ったものを付けるようにしましょう。

サイズ直しをすることも一つの手です。
即日仕上げも出来るので相談してみてはいかがでしょうか。

  • 基本料金  3,000~
  • アップ料金 2号アップより1号ごとに500~
  • デザイン、幅、素材によって変わります

一度、指輪を外しましょう

指輪を外せない理由
かゆみがあってもなかなか指輪を外す勇気が持てない人がいますね。
それは、自分で購入したものでなく、結婚指輪やカップル指輪など大切な人から頂いたからこそ、外したくないと言う気持ちが生まれてしまうようです。

しかし、いつまでもツラい指輪のかゆみを我慢していると、生活にも悪影響が出てしまいます。まずはグジュグジュした患部になる前に指輪を外し、汚れをしっかりと落とすことが大切です。

治るまでは指輪はネックレスに付けたり、巾着にいれたりして、持ち歩いてみて下さいね。

最近では、金属アレルギーがある人のためにタンタルという金属が開発されています。汚れが付きにくいメリットがあるので、荒れやすい人に試してもらいたいです。

アレルギー検査を受ける

アレルギー検査を受けてみましょう。
金属アレルギーなの他の要因があるのかパッチテストや血液検査をしてみることで、あなたの体質も見えてきます。原因が分からず悩んでいるならば医師の判断を受けて下さいね。

洗顔や石鹸を見直してみる

洗剤、石鹸、洗顔フォーム、入浴剤などによって、指と指輪の間にかぶれを起こすことがあります。これは、洗剤などがアレルゲンとなってしまっているから。成分が合わない場合もあります。

まずは手と指輪の両方を洗って様子をみましょう。
改善されたのならば、常に清潔に保つようにしてくださいね。

指輪の洗い方

①ぬるま湯に中性洗剤を入れ、付け置き。
②指輪の裏の細かい部分まで歯ブラシや綿棒を使って洗う。
③しっかりと洗い流す。
④綺麗なタオルで水分を拭き、完全に乾燥させる

 

これから暑い夏が始まります。
汗をかいたらすぐに手洗い指輪洗いを行い、清潔に夏を乗り越えましょう

プライバシーポリシー・お問い合わせ